自分の細胞成長因子で自然な若返りを実現

W-PRP療法

このような症状の方にオススメです

  • 法令線のシワが気になる
  • 目の下のくまやたるみをなくしたい
  • 目元の小ジワが気になる
  • ハリと潤いのある肌になりたい
  • 毛穴を引き締め、キメの整った肌になりたい
  • 周囲に知られずに自然に若返りたい

W-PRP療法とは

W-PRP療法は、ご自分の血液から高濃縮した多血小板血漿(PRP)を抽出し、治療部位に注入することで、皮膚の再生を促し、自然な若返りを実現する再生医療のひとつです。血液に含まれる血小板や白血球には傷などを修復する作用があり、本来私たちが持っている自然治癒力や組織再生力を利用して肌の再生を行います。

従来のPRP療法は、血液採取時の体調や年齢などにより、効果が出にくいケースも見受けられました。そこで登場したのがW-PRP療法です。採血した血液から多血小板血漿(PRP)を抽出する段階で濃度を数倍に濃縮し、成長因子の効果をさらに引き上げる白血球を含ませます。これにより安定した治療効果とより満足度の高い治療を実現しました。

  • #1

    《老化した肌》

    加齢や紫外線、ストレスなど、様々な原因により、肌細胞(=線維芽細胞)はダメージを受けて衰え、増殖能力が低下して数が減ってしまいます。これによりコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が新しく作り出されるスピードが落ちていくと、シワやたるみ、くまなど肌の老化の原因に。

  • #2

    《自己PRPを注入》

    シワやたるみ、老化が気になる部分にW-PRPを注入すると、多量の成長因子が放出され、組織の修復、コラーゲンやヒアルロン酸の増産が行われます。

  • #3

    《本来の若さを取り戻した肌》

    成長因子が自分自身の肌細胞(=線維芽細胞)に働きかけ、皮膚細胞が新しく再生されることで内部からハリが生まれ、シワやたるみが改善されていきます。

PRPから放出される成長因子

血小板が持つ細胞の修復・再生作用により、お肌自体を若返らせる再生医療です。患者様の血液を少量採取し、遠心分離機で高濃縮した多血小板血漿(PRP)を抽出します。抽出した多血小板血漿(PRP)を治療部位に注入すると、多量の成長因子が放出され、組織の修復やコラーゲン・ヒアルロン酸などの増産が行われます。皮膚細胞が新しく再生されることで内部からハリが生まれ、シワやたるみが改善されていきます。

#

体の細胞を活性化し
若返らせる成長因子

  • 細胞の増殖・成長を促進
  • コラーゲン・ヒアルロン酸を産生
  • ハリやキメなど、肌質の改善
  • ダメージを受けた組織を修復

よくあるご質問

W-PRP療法とはどのような治療法ですか?
W-PRPとは、ご自分の再生能力を利用した皮膚の再生医療です。
血小板は「止血作用」と「成長因子放出作用」があり、出血を止め、傷を治す働きをしています。
傷を負うと血小板が傷口に集まり、傷口を塞いで出血を止めます。
その時に血小板の細胞が成長因子を放出して傷ついた細胞の表面にくっつき、細胞分裂の促進やコラーゲン・ヒアルロン酸の産生など、それぞれの作用を発現します。
これを利用して顔の皮膚のシワやたるみを改善して若返りを図るのが、W-PRP療法です。
痛みはありますか?
痛みがまったくないわけではありませんが、多くの場合、麻酔なしでも問題ない程度です。Vital Injectorを使用して注入しますが、針が刺さる痛みは、吸引の圧力にごまかされてあまり感じません。塗る麻酔を使用することで、痛みをさらに軽減することができるので、痛みに弱い方は麻酔クリームをお勧め致します。
治療後はお化粧をして帰れますか?
注入部位を避けていただければ、施術当日からメイクをしてお帰りいただけます。
ダウンタイムはありますか?
肌質により個人差がございます。内出血や注射針の痕の赤みが見られることもありますが、1週間程で治まります。注射針の痕が赤く点状に見えることがありますが、2~3日で目立たなくなる方がほとんどで、メイクでカバーできます。
どのくらいで効果が出ますか?
W-PRPは自分の細胞を活性化して若返りを図る治療ですので、細胞が活性化されるまでの時間が必要となります。通常は2週間から2ヶ月をかけて、徐々に状態が改善していきます。自分の細胞を用いた再生医療ですので、仕上がりは自然な感じで、シワやたるみを軽減するだけでなく、肌質そのものを改善させることができます。
効果はどのくらい持続しますか?
個人差はありますが、効果は1~2年続きます。ボトックスやヒアルロン酸注入のように吸収されて元に戻ってしまうものではありません。細胞を活性化して老化のスピードを遅らせることができますが、治療の効果を維持するために、1年に1回程度継続して治療されることをお勧めします。
W-PRP療法は安全ですか?
W-PRP療法はご自身の血液を使用し、培養操作などが必要ないため、アレルギー反応や感染が起こることはありません。安全性は注入治療の中で最も安全だと言われています。
W-PRP療法を受けられない人はいますか?
妊娠中の方や病気治療中の方、お子様、血液が固まりにくくなるお薬を服薬中の方などはお受けいただけません。詳しくはお気軽にご相談ください。